AGA 最先端治療 遺伝子検査 プロペシア

AGAを発症する男性と最先端治療、遺伝子検査とプロペシア

プロペシア

AGAは男性型脱毛症と言う薄毛であり、M字薄毛とO字薄毛の2つのタイプが在り、両者が同時に発症するケースと何れか片方のみのケースが有ります。20代から30代の若い男性に多く見られるのが特徴で、M字薄毛は生え際部分から除徐々に後退し、O字薄毛は頭頂部が丸く薄くなると言う特徴を持ちます。

また、両者の薄毛が生じている場合、そのままにしておくと生え際などの毛だけが残り、他の部分は全て抜け落ちてしまう可能性が有る事からも、AGAの専門病院での治療を受けることが大切です。

AGAの専門病院ではプロペシアと呼ばれている医薬品が処方されて治療を進める事になりますが、プロペシアはAGAのみに効果を持つ医薬品であり、遺伝子検査を行った上で治療を行うと言う、最先端治療でもあるのです。

症状を特定した上で処方をする事が重要であり、遺伝子検査は治療方針を定めるためにも必須の検査と言われています。また、プロペシアには幾つかの副作用が在るのが特徴です。

主な副作用としては性欲減退や勃起不全、射精障害、精液量減少と言った男性機能の低下による副作用が起こる可能性が有ると言われていますが、発症する確率は1%未満であるとも言われているのです。

生え際が後退