AGA 遺伝子検査 薬の最先端治療

男性型脱毛症AGAは、遺伝子検査をして薬の最先端治療

診察

薄毛で悩んでいる男性の多くの原因が、AGAです。AGAは、おもに遺伝や男性ホルモンが影響して薄毛が徐々に進行していく症状なのです。これまでは、自分の父親がハゲているからそれが遺伝して自分もハゲるといわれていましたが、実は父親ではなく母方の家系が関係しており、母方の祖父や母の男兄弟で薄毛の人が多いとそれが遺伝の影響を受けやすいとされているのです。薄毛は最先端治療で治すことができるのですが、薄毛の原因がAGAかどうかを特定するには遺伝子検査が行われます。

遺伝子検査の結果は、1ヶ月程度で分かります。その結果で、遺伝による影響を受けやすいか受けにくいかが分かるのです。検査の結果、男性型脱毛症だと分かっても薬が合うかどうかの検査のために脈拍数や血液検査も行われます。

治療にはミノキシジルの薬が使われるのですが、これはもともと血管拡張剤として使用されており、副作用としては血圧が低下したり脈拍数が上がってしまうケースがあるのです。

そのため低血圧の人には使えなかったりするため、個人輸入で独自に入手して使用すると医師の診断を受けずに服用ができますので、もし副作用がでて体に支障がでてしまうこともあります。安全に使用するには医師に診てもらうことです。