AGA 遺伝子検査と最先端治療で完治に導く

男性のAGAは遺伝子検査と最先端治療で完治に導きます

空を見上げる男性

男性が薄毛になる原因はAGAであることがほとんどですが、別の病気が理由のこともあるので、間違った治療をしないためには遺伝子検査を受けることをおすすめします。DNAは一生変わらないので、一度受けておけば良い検査ですし、治療薬の成分が有効かどうかも調べられるので、効かない薬を使い続けて、お金を無駄にするのを防ぐことが出来ます。

遺伝子検査といっても、口内から粘膜を摂取して調べるだけなので簡単ですし、結果は1ヶ月もすればわかるので、結果が判明してから実際に治療に移ることになります。

遺伝子を調べれば、AGAが遺伝的に発症しやすいかどうかを調べられますし、 将来的なAGAの発症リスクや、プロペシアなどの薬による治療効果の予測も行えます。

AGAの発症リスクが高い遺伝子を持っていても、必ず発症するわけではないですし、生活習慣の乱れも大きくかかわっているので、遺伝子検査を行えば、治療プランを立てやすくなります。

プロペシアだけでは効果がない場合は、最先端治療の育毛メソセラピーやHARG療法などで完治に導きますし、自毛植毛も効果があるので、薄毛に悩んでいる方はまずは専門病院に行って、カウンセリングを受けるようにしてください。