AGA 遺伝子検査、血液検査による最先端治療

遺伝子検査、血液検査による最先端治療について

採血

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことを意味します。男性型脱毛症は思春期以降に発症する進行性の脱毛症となります。こめかみのあたりから始まり、頭頂部の毛髪が細くなり、薄毛や禿髪となってしまうのです。現在AGAを治療するには、遺伝子検査や血液検査をすることが最先端治療となっています。

自分がAGAであるかどうかを遺伝子を調べることで、フケが原因であるひこう性脱毛症や皮膚病が原因である梅毒脱毛症などの脱毛症と見分けがつきにくいものを見分けることができるようになります。

また、将来の脱毛の進行度を知ることができ、治療薬が効果的を判明することができるようになるため、自分に合った治療を決めることができるようになるなどのメリットがあるのです。
また、同時に血液検査を行うことによってプロペシアやミノキシジルなどの治療薬が効果的かを調べることができるとともに、不足しがちな栄養素を把握することができ、髪の毛や身体に良い処方を行えるようになります。

このような専門的な検査や治療はAGAの専門クリニックによって行われています。一般の医療機関では行われない専門的で効果のある治療を行うことで、良い成果を得ることができるようになるのです。