AGA 最先端治療と遺伝子検査

男性のAGAの遺伝子検査等の最先端治療は医療機関で

医師と看護師

AGAで悩んでいる男性の方は、早めに専門の医療機関で相談をしてみてはいかがでしょうか。最近ではAGAという言葉の広がりとともに、クリニック側でも専門の設備を備えたり、薄毛外来などの部門を設立しているクリニックが増えてきていますので、是非近くの専門医療機関に相談してみましょう。
AGA 沖縄はこちら

なぜ専門の機関に相談する必要があるのかというと、薄毛にはいくつもの原因があるからです。ストレスや加齢、食事、生活習慣などその原因がわからなければ対処方法も選ぶことが出来ません。原因のわからないまま闇雲に薄毛の治療薬などを使ってみるのではなく、最初に専門機関による遺伝子検査などによって薄毛の原因を特定することで、その後の治療の効率も大きく変わってきます。効果のない治療にお金を使うこともありません。

専門医療機関では、近年益々研究の進んでいる最先端治療を受けることもできるので、安心して治療に専念しましょう。

素人の勝手な判断での育毛剤の使用は、かえって深刻な副作用をもたらしてしまうこともあるので、医学的な知識に基づいた治療を受けることが出来る、AGAの専門医がいるかどうか、事前によく確認してからクリニックで治療を受けるように気を付けましょう。

男性のAGAは最先端治療で遺伝子検査、医療費控除が受けられる

電卓を持つ医師

男性型脱毛症、通称AGAは思春期以降になると生え際または頭頂部、もしくは同時に脱毛が徐々に進行していく症状のことです。円形脱毛症であれば、一気に抜け落ちてしまうのですがAGAの場合は徐々に進行をしていくのです。

円形脱毛症の場合は、ストレスなどが原因であることが多く、それが改善すれば以前の状態に戻すことができるのですが、これが男性型脱毛症であるとストレス発散や食生活の改善、十分な睡眠など生活習慣を改善をしたとしても抜け毛の進行が食い止められないのです。それはなぜかというと、おもな原因が男性ホルモンや遺伝に関係しているからです。遺伝であれば、それを自力で改善されるのは不可能です。

ですが、最先端治療を受ければ薄毛は改善させることができ、遺伝子検査でAGAと診断されれば薄毛の治療薬を処方されて薬で薄毛を改善させていくことができます。

ただしネックになるのが、治療費用になります。遺伝子検査だけで1万円程度かかりさらに薬代や診察代も含めると3万円から5万円程度かかってしまうのです。それが、毎月なので費用がかさんでしまいます。保険の適用が受けられないので高額な治療費用にはなるのですが、医療費控除は受けることができます。

遺伝子検査キットで男性に多いAGAの最先端治療を受ける

薄い頭

AGAは男性型脱毛症と呼ばれる病気の事で額の生え際や頭頂部から髪自体が細くなり抜け毛の症状が出て、薄毛や髪が生えてこなくなる状態になり、早い方は思春期が終わった時期の20代から発症する方もおり40代以降から発症率が高くなります。
AGAの原因はストレスや紫外線、高齢によるホルモンバランスの乱れなど数多くありますが一番多い原因は遺伝で、親族に同じように頭髪が薄い方がいる場合は可能性が高くなり、最近では自分でその遺伝子を持っているか確かめる事ができる遺伝子検査キットが販売されています。

少し前までは病院以外では検査できませんでしたが、ドラックストアやネットショップで簡単に購入する事が可能になったため症状が気になった方や将来可能性があるか気になる方が利用しており、将来の進行度や現在処方されている薬が効果的か判断する事が可能で自分に合った薄毛治療を検討する事ができます。
薄毛治療は年々研究が進んでいる病気のため、現在の遺伝子検査キットで検査し治療薬が効かないとわかっても様々な最先端治療や治療薬が新しく出ており、外国で評判の良い薬が日本では厚生労働省の許可待ちの薬も多く存在するため諦める必要はありません。